FC2ブログ
同人活動・アニメ・ゲームなどについて綴らせていただきます。同人的表現やネタバレを避けたい方は閲覧をご遠慮ください。ご連絡はmomojirichiquita☆gmail.comまで。(☆は@に変えて下さい。)
他人とは思えぬウォーロック
かつて、XBOXのセクシー格ゲー「デッド・オア・アライブ3」のオープニングムービーでAEROSMITHの「NINE LIVES」が使用されているのを見て度胆を抜かれたことがあります。
天下のAEROSMITHが、ちょっと古い既存の曲とはいえ日本のゲームに・・・。
さすがアメリカ生まれのゲーム機だけある(?)。と、妙に納得していましたが、このように海外アーティストが協力してくれるならXBOX360で発売予定のストライクウィッチーズのゲームでちょっと使って欲しい曲があります。

曲のタイトルは「BURNING THE WITCHES」。
ドイツの女性ボーカルのメタルバンドWARLOCKの曲です。

SWのアニメを視聴済みの方はもうお分かりかと思いますが、他人とは思えない曲とバンド名でしょう?(笑)

曲自体は古く、84年に発表された同名アルバムに収録されています。
84年と言えば日本では女性ハードロックバンドブーム、いわゆる「ギャルバン・ブーム」前夜くらいだったはずで、WARLOCKはまだ一般的には異色だったのではと想像します。
昨今は女性をボーカルに据えたシンフォニックメタルやデスメタルなどのバンドは珍しくなく、高い人気も博していますよね。

表に出る時期がちょっぴり早かったWARLOCK。
そんなところまで似てるとは。

「BURNING THE WITCHES」はノリが良くて、サビを一緒に歌いたくなる様な曲です。
ゲームに使われなくても、職人さんにMADは作って欲しい!
スポンサーサイト