FC2ブログ
同人活動・アニメ・ゲームなどについて綴らせていただきます。同人的表現やネタバレを避けたい方は閲覧をご遠慮ください。ご連絡はmomojirichiquita☆gmail.comまで。(☆は@に変えて下さい。)
混合インク 第1回 ~消しゴム耐性 ベタ編~ 
まんまと混ぜました。
混合インクの誕生です。コンゴトモヨロシク。
以下、使用感レボートです。

目視にて1:1の比率で混ぜました、今の時点では明らかな化学変化は確認できず。
描き心地はスーパーブラックに近いかなと感じました。
さっそく消しゴム掛けのテストをしてみます。

■消しゴム掛けテストルール
・紙はアイシーのマンガ用原稿用紙使用。
・消しゴムはハイポリマータイプのよく消えるやつ。
・本来の消しゴム掛けより強い力でベタ面を30往復。
・混ぜない状態の各インクと比較。
20100420.jpg
思いっきり消しゴムを掛けてやりましたわ。
上は、意識せずに普通に塗ったベタ、下は少し厚塗りしたベタです。
なお、画像補正は掛けていません。
混合インクのベタ面の仕上がりは、S.BLACKと同じ様にマットな質感でした。

今回二回テストしただけですし、時間の経過によりインクの状態も変わってくるかもしれませんが
個人的な感想としては、二つのインクの中間くらいの性能だという印象を受けました。
そりゃそうか・・。

混ぜるインクが、証券用ではなく
漫画用に使われることの多い製図用だったら、
さらにいい結果が残せたかもしれません。
今度はそっちの悪魔合体も試してみようかな。

線画のテストもしてみたいし、もうすこし実験は続きそうです。

<次回につづく>
スポンサーサイト



混合インク 第0回 ~序章~ 
自分の腕が悪いのはさておき、あえて言わせて頂くと、
以前からインクについては思う事があります。

サラサラと伸びやかな描き心地だけど消しゴム掛けに弱かったり、
消しゴム掛けに強いけど丸ペンでの描き心地が悪かったり、すぐ詰まったり、
どれも自分にとっては一長一短で完全に満足するものはなかなか見つかりません。
長所だけを併せ持つインク…
伸びやかでいて、消しゴム耐性もあるインクはないものか。


無ければ作れば良いのでは?
と、いうことで、作ってみたいと思います。

用意したのはコチラ。
20100416.jpg

左はパイロットの証券用インク。黄色い箱入りで、マンガに使う製図用より更にサラサラのインクです。
消しゴム掛けには弱し。

右はアイシーのコミックスーパーブラック。乾くと耐水性になり濃い艶消し黒になります。
消しゴム掛けには強し。
乾くのが結構早く、使っているうちにペン先にどんどん固まりがちです。

両社とも素晴らしい画材メーカー様です!
この一流メーカー品同士をフュージョンさせたら、さらに強力な戦士が誕生するとワシはそう信じとる!

■混ぜ混ぜルール
・1:1の割合で混ぜる。
・途中経過も長期にわたって観察する。
・失敗しても文句を言わない。

ちなみに、パイロットインクの箱に注意書きがこう書いてあります。

『インキは化学製品です。たとえ同色でも他社のインキとは配合が異なります。まぜると化学変化を起こしますので絶対に混ぜないでください。』

絶 対 に 混 ぜ な い で く だ さ い 。

押すなよ!絶対に押すなよ!!
絶 対 に だ ぞ ! !
という、前フリ…じゃないですよね。

ちょっとずつ…慎重に混ぜてみようかな…。
化学変化といっても亜硫酸ガスみたいなのが出たりはしないんでしょう?
ねえ…。

<次回につづく!>

拍手ありがとうございました!!
2件も!!!
証券用の甘い罠
インクの伸びがよく、ペン入れに使っている方も大勢いらっしゃる
パイロットインクですが、製図用と証券用の二種類あり
この違いがよく分からなかった自分は
先月作った新刊の原稿で証券用インクを実際使ってみました。

製図用に不満があった訳ではありませんが、
刺激が欲しかったので浮気をしてみましたよ。

使い心地は、製図用に比べてやや水っぽいものの
タダでさえ伸びの良い製図用インクにも増して
証券用は更に伸びが良い!

うひひ…証券用ちゃん☆
証券用インクとのアバンチュールに溺れる自分。

しかし、消しゴム掛けてみると線がもの凄く薄くなる・・!
おかげで、薄くなったところを描き足すという面倒な作業におわれました。

消しゴム掛けをせずに、ライトテーブルで下描きを
トレースする方には使えるかもしれませんが、
それ以外の皆様は尻の毛までむしり取られます。
やっぱり浮気は良くないですな!

それにしても証券って付けペンで書く事があるのか。
ボールペンみたいなものでは駄目なのか。
証券の業界には未知の事がいっぱいです。

ink.jpg
シーツに横たわる艶かしきインク達。